コリドラスのちピンポンパールときどきメダカな自宅勤務エンジニアの引きこもり生活
http://regina999.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

regiNa

Author:regiNa
戦国島津をこよなく愛するが、歴女ではない。

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

特集記事

これからアクアリウムを始める方に、もしかしたら役に立つかもしれない記事です。
※内容について、必ず飼育を保証出来るものではありません。参考程度でご覧下さい。
※私も初心者です。初心者なりに調べた結果を掲載しています。
※内容に誤りがあった場合、心優しくご指摘頂けますと私の勉強にもなり非常に助かります。是非宜しくお願い致します。


--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2013.05.13/ 21:03(Mon)
そういえば、前回の休み(結構前w)に養魚店にお邪魔してコメットさん買って来てたんでした。
ブログ書く暇がなかったです。

IMAG0733.jpg

トリートメント中のご様子。

コメットは横から見ると本当に彗星って感じでキレイですよね。シュッとしとる。
赤と白と、ちょうど対になるように選んで来ました。
いつも行く養魚店は、自分で選ぶのが基本。平べったいアクリル水槽の上で、選別網を構えてじーっと観察すること十数分かけて選んで来ました(笑)。

ちなみに2匹で300円でした。コメットさんは大体、夏場でもそれぐらいかな?
琉金だと、1匹50円ぐらいになります。シーズン入れば。
金魚すくいよりもお得に、確実に掬えます(笑)。しかも選び放題ですな。

IMAG0750_BURST002.jpg

で、しばらくトリートメントで屋内のちっちゃな金魚鉢にて我慢して頂いておりましたが、大丈夫そうでしたので元々の目的地であった屋外の睡蓮鉢に移動となりました。

ここはコメットさん1匹と琉金2匹が同居していたのですが、別な睡蓮鉢に琉金を移動させて、コメットさんだけ3匹体制となりました。
コメットは大きくなると聞いてますけれど、さぁどこまで耐えられるのやら。
睡蓮を縦に深い鉢に植えているので遊泳スペースが少ない状況ですが、コメットが成長したら睡蓮の鉢を横広に変えようかとは思ってますけどね。
だいぶ大きい鉢なので、しばらくは大丈夫だと思いますが。

というか、そろそろ睡蓮も咲くなぁ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
 
スポンサーサイト
Category: ビオトープ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.03.17/ 21:34(Sun)
本日はお彼岸の入りですね。
寒さ暑さも彼岸までと言いますが、そのとおり近頃は暖かい日が続いています。油断すると、車中で冷房つけたくなる程度には暖かいですねぇ。北国の人から跳び蹴りかまされそうですが。
その分、夏の陽射しの殺人度は高いのでご容赦ください。あと火山(苦笑)。

多忙な日々が続いておりますが、とりあえず最優先事項の案件がクライアントの回答待ち状態になりましたので、今日は3月に入ってようやく3日目の休みを取りました。
労働基準法? 何それ、美味しいの???

今月たぶん、あと2日ぐらいしか休めません(笑)。

そんな貴重な休みだったので、何とか庭の睡蓮鉢をメンテナンスせねばと頑張りました。

IMAG0641.jpg

まずは玄関の前にある、いちばん小型の睡蓮鉢。
こちらには赤の熱帯睡蓮が植えてあります。中の生体は、ナゼか大繁殖したミナミヌマエビのみ(笑)。まぁ、春になったらメダカを移動させたり追加したりしようかと思っておりますが、もしかしたらミナミヌマエビだけで突っ走る可能性もなきにしもあらず。

あ、何かドジョウ買って来ようかな?

ここの睡蓮鉢に関しては余りにも小さいせいか、滅多に掃除しないにも関わらず水がどうこうなるというのはありません。ミナミヌマエビしかいないし、あんまり気にしてないってのもあるかも。
本当に熱帯睡蓮のための鉢で、あとは浮き草の育成用にもなってる感じですね。玄関先なので灰があまり入らず、メンテナンスも結構楽です。水減ったら足せばいいだけって感じ。

IMAG0642.jpg

こちらは、特に何も植えていない元・火鉢です。
現状、和金が1匹とミナミヌマエビがいるぐらいですね。マドジョウがいたはずなんですが、メンテナンスしている最中でも見かけることはありませんでした。どこに消えたんだ……ドジョウさん。

写り込んでいるのは、すぐ隣に植えてあるオリーブの木。これがかなり浸食して来つつあるので、置き場所も検討しなきゃならないんですが……季節になったら、軒下で越冬しているホテイ草が移動してくる予定になってます。ここも軒下なんですけどね。別な坪で越冬中なんです、ホテイ草。

IMAG0643.jpg

で、最後がこちら。温帯スイレンが植えてある、元・火鉢です。

写真では分かり難いですが、実はこれ直径1メートルぐらいあるんです(苦笑)。
今回のメンテナンスは、全体の半分程度の水換えと底砂の掃除がメインだったんですが、この鉢に関しては水を半分抜くだけでもひと苦労でした。

生体はコメットが1匹と、琉金が2匹。あとやっぱり、いつの間にか繁殖していたミナミヌマエビが無数。
一応、金魚たちは発泡スチロールに一旦避難させて作業したんですが、ほんと苦労しました。デカイと水量が多くて安定して良いんですけど、その分大幅なメンテナンスにはものすごい苦労しますね。リセットとか、絶対したくねぇや。

すべての鉢でかなりグリーンウォーター化が進んでいたので、本来ならそのままの方が良かったのかもしれないんですが、如何せん中の生体が生きてるかどうかさえ確認出来ない状態だったので、もう思い切ってメンテナンスしてみました。

まだしばらくは給餌も控え目な時期ですので、観察しつつもう少し暖かくなってきたら睡蓮の鉢上げとか考えようかなぁと思っております。
あ、ビニルハウス内のハイビスカスも植え換えしなきゃ。屋内のガジュマルも放置状態だから、何とかしないと。

暖かくなると、庭で過ごす時間が増えそうです。
ムカデに注意しなければ。←メンテ中にしっかり咬まれたw

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
 
Category: ビオトープ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.03.03/ 22:39(Sun)
本日は、ウチの地元で最も大きなお祭りの日でした。
このお祭りが終わると、季節は一気に春になるイメージです。もう春なのか。

春かぁ……そろそろ、庭先の火鉢も大幅に水換え&掃除しなきゃいけませんねぇ。完全に水が緑化していて、中に金魚がいるのかどうかさえ見えなくなりつつあるという状態なので(苦笑)。
本当はちょっとヤバい感じの緑感なんですけど、冬場に下手に弄るのは流石に南国・鹿児島の気温とは言っても怖いものがあるので、何もしてないんですよ。確か去年の11月ぐらいから、水換えも何にもしてないと思います。
蒸発に合わせて足し水はしてるけど。

ただ、中の生体、全員が生きてるのかどうかもよく分からんかったり。
中旬過ぎたら、大幅に掃除するついでに生存確認すべきかなーあ??

最近、黒の出目金が欲しいのです。

▼出目金”黒”(国産)(1匹)

▼出目金”黒”(国産)(1匹)
価格:640円(税込、送料別)


あまり出目金は好きじゃないんですけど、やっぱり上から見たときに黒の出目金ってキレイなんですよね。
火鉢は上から見るのが基本なので、上から見たときにキレイな金魚ってのが基本になりますから。1匹ぐらい出目金がいても良いんじゃないかなぁ?と思います。

▼蝶尾(1匹)

▼蝶尾(1匹)
価格:650円(税込、送料別)


蝶尾なんて、もはや上から見るための金魚ですもんね。欲しいなぁ。

とりあえず仕事が落ち着き次第メンテナンスして、しばらく養魚店に通い詰めですね。
気に入る子に巡り会えるまで、通ってみようかと思います。

金魚はねぇ……ちゃんと見ないとやっぱり買えないっす。通販で金魚は、絶対にヤだなぁ。私は。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
 
Category: ビオトープ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.02.27/ 12:44(Wed)
あぁ、びっくりびっくり。

多忙な中、昨日いきなり車のバッテリが死亡して交換作業していたんですが(バッテリ交換ぐらいは自力でやってしまう工業系女子です)、ふと玄関先の睡蓮鉢を見たら水深が2cm程度しか残っていない状態でした(苦笑)。
冬場は空気が乾燥しますので、蒸発も早いんですよねぇ。
屋内はそれなりに毎日チェックしていますが、忙しさがピークに達すると自室からも滅多に出ない状況になってしまうので、屋外の睡蓮鉢までチェック出来ていませんでした。反省。

屋外には、睡蓮鉢が3個あります。
水深が大変な事になっていたのは、ライズボールプランター360 レッドベリーにミナミヌマエビだけを飼育している温帯スイレン(赤)の睡蓮鉢でした。
ミナミヌマエビだけだから、まぁ多少水深が下がっていてもそこまで危機的状況ではないんですが。

ただ、この状況で放置しておくと確実に干からびますし。
干からびないまでも、桜島の降灰が堆積してどのみち大変な事なりますし。

とりあえず足し水しときました。かなり急激な水質変化になりますが、致し方ない。がんばれ、ミナミヌマエビ軍団。既に何世代目かも私は知らんが。

あとの2つの睡蓮鉢は、祖父の大事にしていた火鉢を流用しています。こちら2つは水量がかなりあるので、冬場でも干からびる心配は特にございません。
小さい方には、琉金が1匹とドジョウが2匹、あとやっぱりミナミヌマエビが多分いるかな。こちらはホテイアオイがひっそり生き延びてますが、睡蓮は植えていません。
大きい方は、熱帯スイレンが植えてあります。で、コメット1匹と琉金2匹。熱帯スイレン、冬期避難無しで生き延びてます。すげぇな、鹿児島(笑)。

そろそろ気温も上がって来て、活動が鈍っていた金魚たちも活発化して来ましたし、時期を見てちょっとちゃんとメンテナンスしなきゃなーと思いつつ、仕事との折り合いに四苦八苦する今日この頃。

でも実際、この火鉢が私のアクアリウムの始まりだったので、大切にしたいところです。今年は蓮も植えたいなーあ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ

 

>>>Read more

Category: ビオトープ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2017 無条件完全降伏, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。