コリドラスのちピンポンパールときどきメダカな自宅勤務エンジニアの引きこもり生活
http://regina999.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

regiNa

Author:regiNa
戦国島津をこよなく愛するが、歴女ではない。

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

特集記事

これからアクアリウムを始める方に、もしかしたら役に立つかもしれない記事です。
※内容について、必ず飼育を保証出来るものではありません。参考程度でご覧下さい。
※私も初心者です。初心者なりに調べた結果を掲載しています。
※内容に誤りがあった場合、心優しくご指摘頂けますと私の勉強にもなり非常に助かります。是非宜しくお願い致します。


--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
珍しくアベニーの写真が撮れました。

IMAG0363_BURST002.jpg

ちゅるっとな♪

スマホで適当に撮ってるだけなので、これが限界ですねぇ。
一眼は持ってるんですが、スポーツ撮影用なので望遠しかレンズがないという……。兄貴がマクロ好きだったはずなので、余ってるのくれないかなぁ? 無理だろなぁ。マニアだからなぁ。

で、アベニー水槽をキューブにサイズアップ!と企みつつ、いやしかし、この前新春セールに踊ったばっかじゃないかと自重を己に促しつつ、ぼへーっとネットを彷徨っていたならば。



あれ……?

何か狙ってた水槽台が、ウィークリーセール対象になってるぞ……???

現在、60センチ水槽台は補強したメタルラックに設置してあるんですが、まぁあくまでも自己補強なんで不安は若干ならずとも残っていなくはなく。
一戸建てとは言っても二階に設置してありますし、何かあったら大変!ってのがあって水槽台はずっと考えていたんですけど、ぶっちゃけよくある木製のは圧迫感あるしイヤだったんですよねぇ。

なので、これの下段に60センチ水槽を置いて、上段に40センチ水槽を置きたいなぁと思っていたので。
とりあえず……買っとくか。←自制心ゼロw

捜し回って見付からなかったスポンジフィルターも合わせて購入。

冬の間は大幅な作業をするつもりもないので、届いてもしばらくは放置しそうですけどねー。
本当は、60センチのピンポン水槽をベアタンク化してしまってスポンジフィルタ追加して、40センチ水槽はこのままで、アベニー水槽をキューブにサイズアップ!とか考えてたんですけど。
とりあえず最後の項目は、しばらく保留になりそうです。仕方ないねー。

2匹で何かと仲良くやってるみたいですし、特に喧嘩もしてないですし、マイペースですし。
アベニー複数飼いする際には3匹以上が良いらしいですけどね。2匹だと、一方的なイジメになっちゃって衰弱する可能性があるから。
でもウチ、最初4匹いたけどイジメとか喧嘩とか、ほっとんど見たことなかったです。隠れ家とかもないに等しかったのに。みんな仲良かった。

アベニーでいっぱいの水槽って、やっぱ心躍りますよねぇ……。
私、観賞魚はナマズとフグがいればいい……。←金魚とメダカは?w

にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ  
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.01.11/ 23:24(Fri)
まぁ、所詮は超小型水槽なんで、大した事は出来ませんがw

IMAG0349_BURST014.jpg

あまりに殺風景だったんで、とりあえず偽物でも入れといた。
てーか、水槽自体がめっさ汚いっすね……。

そろそろ大掃除かなーと思いつつ、ここはあまりにも小さ過ぎて逆に掃除がしにくいという。
キューブ水槽ぐらいにサイズアップしたいなー。25センチでいい。30センチだと置く場所がない……。

水量換算すれば、そこそこの水量になりますし。

ちなみに水量換算の計算式は、単純に全部掛けるだけー。体積での算出になるので。

25センチキューブ水槽であれば立方体になるので「0.25×0.25×0.25」で。幅×奥行き×高さで良いのです。
すると0.015625なので、水量をキロ換算すると15.625kg。水が1リットル=1kgとした場合(実際はちょいと変動すると思われますが、おおよそ)、16リットル弱は25センチキューブ水槽に入るという計算になりまする。

まぁ、床砂を厚さ2センチで引いたと仮定すれば、1.25リットル分少なくなって、更に水なんて上部に余裕を持たせて入れる訳だから同様に5センチ程度空間を設けるとしても3.125リットル分減ると。
となれば純粋に水槽内の水量としては、11.25リットル。まぁ、10リットル程度。ありゃ、実は結構減ったなw
フィルタで水量増もあることを考えたら、フィルタの種類にもよるけど12リットル弱かも。

ってーことは、現状おそらく3リットルぐらいで2匹飼育してるから、単純計算なら4倍であと6匹はアベニー飼えるってことか。←待てw

その場合、フィルタはFLAT FILTER S+スポンジフィルターでイケるかなぁ……?
キューブ水槽ならスタイリッシュに整えたいし、かといって底面はメンテナンスがめんどくせーというのが先入観としてあるし、むしろ次にやるとすればベアタンクになりそうな気がするし。

ま、考えてる時が一番幸せですよね。勢い余ってポチッとしてしまわない段階であればw


にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ  
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.01.08/ 22:26(Tue)
最初に立ち上げた小型水槽。

IMAG0033.jpg


水槽:グラスガーデン R180 -180*120*220(4L)
生体:アベニー・パファー
フィルタ:テトラ AT-20
ろ材:純正バイオバッグ、活性炭
給餌:クリーン赤虫ミニキューブ 1/3ブロック
照明:なし
床砂:サンゴ砂(恐らく建築用)
水草:なし
ヒーター:26℃オートヒーター
立ち上げ日:2011/10頃



この水槽に関してだけは、ブレてません。
フグが欲しい!というところからスタートし、ミドリフグは汽水とのことで初心者にはハードルが高く断念し、ならばと淡水フグであるアベニー・パファーを飼うのだと心に決め、とりあえず購入した水槽です。

最初は床砂も何かちゃんとしたの引いてたんですが、何か途中で飽きて思い付いて、父親の会社の倉庫からかっぱらって来たキレイな砂に変更。どうやらサンゴ砂だったらしいと、後から知ったというw
一応、ずっとpHは測っていたものの、アルカリに傾くこともなく現状維持。今でも特に問題なくアベニーたちは元気です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ 
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2017 無条件完全降伏, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。