コリドラスのちピンポンパールときどきメダカな自宅勤務エンジニアの引きこもり生活
http://regina999.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

regiNa

Author:regiNa
戦国島津をこよなく愛するが、歴女ではない。

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

特集記事

これからアクアリウムを始める方に、もしかしたら役に立つかもしれない記事です。
※内容について、必ず飼育を保証出来るものではありません。参考程度でご覧下さい。
※私も初心者です。初心者なりに調べた結果を掲載しています。
※内容に誤りがあった場合、心優しくご指摘頂けますと私の勉強にもなり非常に助かります。是非宜しくお願い致します。


--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
つもり、というのは、あくまでもつもりに過ぎない訳で。

IMAG0772.jpg IMAG0771.jpg

今年もハイビスカス追加!

これで、地植え分まで含めるとトータル10株になりました。わぁい(笑)。

いや、私は我慢するつもりで、何度となく鉢を見付けつつも耐えてたんですよ。増えすぎてるから、自重しようと思ってましたし。なんですが、先日父が左のオレンジの鉢と、あと今は咲いていませんがピンクっぽい鉢と買って来られまして。
私が我慢してるのに、アナタが追加してるって、どういうことぉ???

ハイビスカスが好きで好きで仕方なくて、とにかく家にハイビスカスを咲かせたいと言い出して収集し始めたのは私なんですが。その私が我慢してたのにっ。今年は1鉢追加に留めるために、厳選に厳選を重ねようと決めていたのにっ。いとも簡単に増やしてくれはってっ!
なので、先日少し遠出した先の道の駅で見付けた、右の写真の中央が濃いピンクになった鉢を買って来ました。もう知らん、置く場所とか、冬場のビニールハウスの容量とか、気にせん。気に入ったハイビスカスは買いあさってやる(笑)。

とにかく、ハイビスカスが好きなのです。
幼い頃、道端に咲いていた真っ赤なハイビスカスがとても好きだったので、そこからもう既に傾向としてはあったのでしょう。今は様々なキレイな品種がありますけど、今でもやっぱり真っ赤がいちばん好きだもんなーあ。

真っ赤なハイビスカスは、1株が地植え、1株が鉢植えになっています。
地植え分は冬場に霜にやられてしまって枯れたように見えていたのですが、根元から新しい葉を出して来ています。今年中に一度でも良いから、花が咲いてくれたらいいのになぁ。

ハイビスカスとかブーゲンビリアとか、とにかく好きっすね。南国気質絶好調なもんで。鹿児島県本土でさえ、私にとっては南国じゃないぐらいなんでw 
スポンサーサイト
Category: 日記
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.05.18/ 21:46(Sat)
忙しいという字は「心を亡くす」と書きますが、まぁ何とかギリギリ生きてますw

すべて癒しがあればこそ、でしょうね。

IMAG0755_BURST002.jpg

今年の初スイレン、見事に咲きました。
鉢上げしなきゃなーと思いながら、結局時間が取れずにそのまま放置していたらすっかりと元気に今年も花を咲かせるまでになってくれまして。スイレンの生きる力に感謝です。

この花は既に終わりましたが、次の蕾もしっかり水面に顔を出している状態です。もうしばらくかかるでしょうが、次々に花を咲かせてくれるのでしばらく毎日楽しみです。

IMAG0766_BURST002.jpg

あと、昨日休みを取ったのでピンポンパールを購入して来ました。
ピンポンがどこまで大きくなるか分からないですが、まぁ何とかあと2匹ぐらいだったらイケるかな?と思ったので。元々4匹いた訳だし。今、3匹が団子になってるだけだし。

IMAG0743_BURST002.jpg

比喩じゃなく、ホントに団子になります、この子たち。
4号に至っては、上下逆さまなってますね……コレ。

水槽前に人影が見えると、餌をもらえるもんだと思ってこうやって集まって来ては団子になります。ひしめき合いながら、しばらくこんな状態を続けていますね。んで、大体その向こうで、赤コリがじぃっとスタンバイしてます(笑)。

さすがにコイツらと一緒にする訳にはまだまだ行かないので、しばらくはピンポン5号&6号は金魚鉢で過ごしてもらおうと思っております。
どれぐらいで一緒にすれば大丈夫かな?
4号は少し後に仲間入りしたせいで、あまり大きくなれなかったんですよね。元気ですけど。

しばらく様子見です。

しかし、小さいピンポンパールの動きって、見ているだけでかわいすぎて悶えますな。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
2013.05.13/ 21:03(Mon)
そういえば、前回の休み(結構前w)に養魚店にお邪魔してコメットさん買って来てたんでした。
ブログ書く暇がなかったです。

IMAG0733.jpg

トリートメント中のご様子。

コメットは横から見ると本当に彗星って感じでキレイですよね。シュッとしとる。
赤と白と、ちょうど対になるように選んで来ました。
いつも行く養魚店は、自分で選ぶのが基本。平べったいアクリル水槽の上で、選別網を構えてじーっと観察すること十数分かけて選んで来ました(笑)。

ちなみに2匹で300円でした。コメットさんは大体、夏場でもそれぐらいかな?
琉金だと、1匹50円ぐらいになります。シーズン入れば。
金魚すくいよりもお得に、確実に掬えます(笑)。しかも選び放題ですな。

IMAG0750_BURST002.jpg

で、しばらくトリートメントで屋内のちっちゃな金魚鉢にて我慢して頂いておりましたが、大丈夫そうでしたので元々の目的地であった屋外の睡蓮鉢に移動となりました。

ここはコメットさん1匹と琉金2匹が同居していたのですが、別な睡蓮鉢に琉金を移動させて、コメットさんだけ3匹体制となりました。
コメットは大きくなると聞いてますけれど、さぁどこまで耐えられるのやら。
睡蓮を縦に深い鉢に植えているので遊泳スペースが少ない状況ですが、コメットが成長したら睡蓮の鉢を横広に変えようかとは思ってますけどね。
だいぶ大きい鉢なので、しばらくは大丈夫だと思いますが。

というか、そろそろ睡蓮も咲くなぁ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
 
Category: ビオトープ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.05.02/ 16:51(Thu)
本日はGW期間中唯一のお休みということで、えびのまで足を伸ばしたのですが、ついでに生駒高原にポピーでも見に行くべーとなり小林に抜ける道中で立ち寄ってみました。

IMAG0710.jpg

宮崎県水産試験場の、小林分場。淡水魚水族館も兼ねている施設だそうで。
小林市街地から小林ICに向かう道中にある看板が、ずーっと気になってはいたんですけど立ち寄る機会もなく、せっかくだからと思って立ち寄ってみたんですが、これがまたスゴかったです。

IMAG0711.jpg

IMAG0712.jpg

駐車場から施設に向かう途中ですが、分かりますかね?

チョウザメが養殖されていました。
稚魚サイズの50センチ程度の池から、2メートル超が泳いでいる池まで、複数の池が並んでいて、普通に目の前で見れるんです。うーわーって感じで楽しかったです。ほんと、足元の池を2メートル以上のチョウザメが泳いでるんですもん、そりゃテンション上がりますって。

IMAG0707.jpg

これが養殖されているチョウザメ。
こんな感じで、チョウザメの水槽を外から見れるようになってました。この子でもずいぶんとデカいですけど、もっとデカいのが悠々と泳いでました。中には「これ、アザラシか何かに進化してない?」と言いたくなるサイズ感と太さのチョウザメまで。ビックリするぐらいデカかったです。

淡水魚水族館になっている施設は、入館料がおとな200円。こども100円。マジか。

IMAG0709_BURST002.jpg

それで、この水槽ですからね。何てお得感でしょうか。

ピラルクだのレッドテールキャットフィッシュだの、迫力のあるサイズ感の淡水魚が泳いでました。
周囲の子どもたちより、遥かに私の方がテンション高かった自信がある(笑)。

コリドラスは、赤と白だけいました。青もいるって表記あったけど、見当たらなかったなぁ……。
プレコとかネオンテトラとかプラティとかグッピーとか、いわゆる観賞魚もたくさんいましたし、日淡もたくさんいましたし、デンキウナギだのオオサンショウウオだのそんな子たちもいましたし。

めっちゃ楽しかったです。
何となく立ち寄っただけでしたが、ものすごいめっけもんって感じでした。

施設外の池にも鯉やら何やら泳いでましたし、公園みたいな感じになってましたから行楽にも向いてるでしょうし、桜の木が結構あったので春は春でキレイでしょうし、あんまり知られてないけど子ども連れでも楽しめる場所な気がしました。県立施設であくまでも研究所だからそこまで周知もいらないってので知られてないのかもしれませんけど、もったいないぐらい楽しいとこでした。

いいとこみっけたー♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
 
Category: アクアリウム
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Copyright © 2013 無条件完全降伏, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。