コリドラスのちピンポンパールときどきメダカな自宅勤務エンジニアの引きこもり生活
http://regina999.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

regiNa

Author:regiNa
戦国島津をこよなく愛するが、歴女ではない。

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

特集記事

これからアクアリウムを始める方に、もしかしたら役に立つかもしれない記事です。
※内容について、必ず飼育を保証出来るものではありません。参考程度でご覧下さい。
※私も初心者です。初心者なりに調べた結果を掲載しています。
※内容に誤りがあった場合、心優しくご指摘頂けますと私の勉強にもなり非常に助かります。是非宜しくお願い致します。


--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2013.01.17/ 15:28(Thu)
ピンポンパール2号が、ただいま塩水浴中です。

IMAG0431_BURST002.jpg

何が悪いって言われたら、何って答えようがないんですよ……。
目に見えてコレだっていう症状は特になく、敢えて言うなら「元気がない」というだけ。

泳ぐのも尾びれが余り動かず、ついでに出来る限りじっとしてようとしています。水草の影にハマってみたり、隅っこに沈んでいたり。そして気付いたら浮力で水面近くまで行ってしまい、おや~?って感じでのんびりと沈む。
それだけならまだ見守ろうと思ってたんですが、ここ2日ほど餌を食べようとしてないんですよね。あの金魚が。何でも餌とみなす金魚が。人影=餌!とばかりにダッシュしてくる金魚がっ。

IMAG0432_BURST002.jpg

なので塩水浴に踏み切りました。

様子を見守ろうと思っていたんですが、やっぱ餌食べないのは……(涙)。
この子、大のお気に入りなピンポンなんですよ。もしかしたら一番お気に入りかもってぐらいに大好きで、もう理想体型の理想模様。みんなカワイイしお気に入りだけど。元気になって欲しいなぁ……頼む、頑張ってくれ。

ついでに、塩水浴ってどゆこと?というのをまとめました。
知ってるよ!って方も多いでしょうから、畳んでおきます。興味ある方は続きからどぞ♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ 
 
観賞魚用には様々な薬が用意されていますが「まずは塩」というのがポピュラーかと思います。
淡水魚なら、とにかくまずは0.5%塩水浴で絶食隔離安静というパターンですね。

何で塩が効くの?

金魚&メダカ飼育では、とにかく塩で大概の病気は治る!みたいな仰り方をするベテラン飼育者さんもいらっしゃるほどでしたので、何でだろう?と気になって調べたことがあります。
これは淡水魚ほとんどに当てはまるようですので、淡水観賞魚を飼育されている方にはほぼ共通する事かと思います。

まず、塩水浴と言いますが基本は0.5%と言われます。
これはナゼか。

これは、淡水魚の体液の塩分濃度が約0.6%程度だからだそうです。すべての淡水魚がそうなのかってのは、さすがに知りませんけれど(^_^;
少なくとも金魚はそれぐらいだそうです。

なので塩水浴というのは単に塩でどうこうというのではなく、周囲の飼育水を体液と同じ塩分濃度にすることになります。

では、体液と飼育水の塩分濃度が同じであれば何が良いのか、というと。

淡水魚は体内の塩分濃度より飼育水の塩分濃度が低いと、エラなどから取り込んだ水を排出するといった行動を取るようです。これが浸透圧調整。
この行為は普通の状態であれば何の苦もなく魚たちが行なえる行為ですが、病気やトラブルなどで体力の落ちた状態になると、魚たちは元々体力がそれほどある訳ではないのでこの行為も負担になります。

体力を消耗させず、安静にして回復を待つ。

そのための塩水浴ってことですね。
特に塩が何らかの効果をもたらす訳ではなく(多少あるとは思いますけど)、結局はそういうことだと私は解釈しています。自然治癒するための手助け。

もちろん重要なのは病気を発生させないような環境づくりですし、寄生虫等であれば塩水浴だけでなく寄生虫を除去するような対策が必要になりますので、最も大切なのは日々の管理と観察だとは思います。
どれだけ良い設備を整えて、塩入れたりしていても、そこを怠れば生き物ですから何があるかは分かりませんからね。観賞魚にとって、命を左右するのはすべて飼い主。大切なことを怠らず、見守って行きたいです。

もちろん仕事そっちのけでは観察出来ませんがね。←時々してるw

#2013/01/18 追記#
塩には殺菌効果がありますので、寄生虫等にも効果がある場合があります。
寄生虫にもよりますし、塩分濃度が1.0%~等いろいろあるようですので、症状に合わせて塩水浴での対処にするのか、薬浴をするのか、判断すると良いかと思われます。


#2013/01/19 さらに追記#
コリドラスは耐塩性が低いという説もあります。
塩水浴される際には、あくまでも自己責任にてお願い致します。

スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

なるほど~!

塩水浴の理由、なるほどですね!

治癒力を高めてる間に根本的な原因を解消しないといけませんね。

うちの塩浴中のコリ水槽も原因を考えて、解決に向けて動こうと思います^^

それでは~^^/

NAME:よーじ | 2013.01.17(木) 16:28 | URL | [Edit]

 

Re: なるほど~!

よーじさま>

原因を見極めるのが、いちばん大変ですけど大切ですよね。
ピンポンの原因がなかなか特定出来ず、もう困り果てております。外見に変化なし……。

原因が分からないうちに色々やってしまうと、それ自体がストレスになって、
更に衰弱していくというのを、最初の頃に何度となくメダカで体験してしまいました。
だから、とりあえず体力を温存させた上でどうすべきか見極めるのは大切だと思います。
早く特定出来るようになれば、それがベストなんでしょけど、なかなかですね(^_^;

ちなみに使う塩についても、販売されているものには様々な成分が含まれているので、
成分表をチェックするのが良いのだそうです。
私は金魚&メダカ用に観賞魚用塩を常備しているので、そちらをコリドラスたちにも使いますが。
塩によってはpHが変化する場合もあるようですし、つくづく難しいですよねぇ(-_-;

NAME:regiNa | 2013.01.17(木) 16:48 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 無条件完全降伏, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。