コリドラスのちピンポンパールときどきメダカな自宅勤務エンジニアの引きこもり生活
http://regina999.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

regiNa

Author:regiNa
戦国島津をこよなく愛するが、歴女ではない。

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

特集記事

これからアクアリウムを始める方に、もしかしたら役に立つかもしれない記事です。
※内容について、必ず飼育を保証出来るものではありません。参考程度でご覧下さい。
※私も初心者です。初心者なりに調べた結果を掲載しています。
※内容に誤りがあった場合、心優しくご指摘頂けますと私の勉強にもなり非常に助かります。是非宜しくお願い致します。


--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2013.01.19/ 16:10(Sat)
コリドラスパンダが1匹、明らかに転覆病とみられる症状に陥りました。
現在サテライトに隔離中ではありますが、むむむ。

転覆病は金魚に多く出る病気で、原因としては様々なものが挙げられています。詳しくは金魚部 転覆病の原因にて丁寧に解説して下さっておりますが、

①古い餌を与えた、
②消化の悪い餌を与えた
③餌を与えた後に急に温度が低下した
④与えすぎた
⑤ストレスや振動
⑥ウィルス性
⑦水質の悪化
⑧水換え
⑨水圧

といったものが主たる原因として挙げられるようです。

ただ、個人的に今回は、水質悪化による転覆ではないかと思っています。もし①から④であれば他の子たちにも何らかの異常が見られてもおかしくはないと思いますが、赤も青もオレンジも元気。ただパンダだけが他の2匹もどことなく元気がない。
水質の変化に敏感と言われるパンダですので、水質悪化が理由としては可能性が高いのかな?と…。

水質については測定を時々した上で週1水換えと掃除をしていますが、⑧で水換えがストレスに繋がり転覆病になるというケースも紹介されていますため、それがまた原因にもなるのかもしれない、と。

となれば、水質を安定させるために頻繁に水換えをする前にすべきことがありますね。

飼育環境の見直し

ろ過能力が足りていないというのは、やはりありましたので。
そのために外部フィルタの導入を検討していましたが、検討しつつ春頃に購入という考えですから現状では間に合わないというか、それまでに他の子たちも調子を落としてしまう可能性があります。
ろ過能力を強化するためには時間が必要で、すぐという訳にはいきません。当然ながら外部フィルタ導入したからってすぐに改善される訳じゃないし。

じゃあ、どうしよう?
考えた結論は「飼育数を減らす」でした。ろ過能力と水槽内の生体数のバランスが取れていない訳で、ろ過能力を急激に上げる事が無理なら、生体数を減らして調整するしかない。

まぁ、だからって当然コリドラスを捨てるとかそんなことはしませんけどね。←当たり前だろ

思い切って赤コリ2匹と青コリ2匹を、ピンポン水槽に移動させることにしました。
元々ピンポン水槽ではパンダが同居していましたし、餌に関してもピンポンとパンダは結構同じ餌食べて生きてましたので、大丈夫だろうと信じてのお引っ越し。

しかし、転覆病かぁ……。
基本は絶食ですが、水質悪化が原因であった場合は違うでしょうね。ちょっと様子を見つつ、色々考えてみます。
正直、覚悟は決めていますけど、出来る事なら治って欲しいのは当たり前ですから。

にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ 
スポンサーサイト
 
Category: コリドラス
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(3) 
 
Comment
 

こんばんは。
コリの転覆病はあまり耳にしないですね。
実際にどんな症状なのか目にしたわけではないので判断しかねますが、コリは腸呼吸する魚なので、空気が腸から抜け切っていない可能性もあります。
水質悪化〜ですが、環境からそれほど過密とも思えませんし、ろ過も現状なら間に合ってるようにも思いますが…。
いずれにしても魚の病気はストレスが引き金になっている事に変わりは無いので、

余談ですが、現在流通しているパンダは大量ブリードされている個体がほとんどで、その過程で体調面での不具合を抱えてしまう個体がとても多く存在します。
で、その場合は手の施しようが無いと思うので、あれこれ手を打つよりも、今いる健康な個体をストレス無く飼育するよう割り切って考えた方が得策ですよ。

NAME:ドン・モフチョ | 2013.01.20(日) 00:18 | URL | [Edit]

 

すいません、文章が途切れてしまったので書き直します(汗

こんばんは。
コリの転覆病はあまり耳にしないですね。
実際にどんな症状なのか目にしたわけではないので判断しかねますが、コリは腸呼吸する魚なので、空気が腸から抜け切っていない可能性もあります。
水質悪化〜ですが、環境からそれほど過密とも思えませんし、ろ過も現状なら間に合ってるようにも思いますが…。
いずれにしても魚の病気はストレスが引き金になっている事に変わりは無いので、 その辺の問題を速やかに改善させる方が良いですよね。

余談ですが、現在流通しているパンダは大量ブリードされている個体がほとんどで、その過程で体調面での不具合を抱えてしまう個体がとても多く存在します。
で、その場合は手の施しようが無いと思うので、あれこれ手を打つよりも、今いる健康な個体をストレス無く飼育するよう割り切って考えた方が得策ですよ。

NAME:ドン・モフチョ | 2013.01.20(日) 00:29 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

ドン・モフチョさま>

こんばんわ。

コリの転覆病は、調べてみると時々あるみたいです。
ガスが溜まったりするのが殆どみたいで、金魚で言う浮き袋の異常的な原因とは少し別だったりするようです。

ストレスはやっぱりあると思います。
どうしても生活環境の中で飼育していますから、静かな環境ではないですしね。
私が自宅で仕事している関係で、常に自室に人がいる状況ですし。
隠れ家的な、流木とかを入れることも考えてるんですが、友人宅のコリが流木に挟まって死亡していたのをもろ見てしまって以来、コリに流木っていうのが若干怖かったり……。まぁ、滅多にないとは思うんですけれど。
もう少し、水槽にコリが隠れられる場所を作ってあげた方が過ごしやすいのかもしれないですね。

パンダはブリードです。
ただ、もう1年近く我が家にいる子なので、たぶん先天的というかそういった不具合を抱えた個体ではないと思います。私の管理上のことでしょうから、たとえこの子がダメだったとしても他の子たちが快適に暮らせるように考えてあげたいと思います。

アドバイスありがとうございました。

NAME:regiNa | 2013.01.20(日) 01:00 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 無条件完全降伏, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。